快適メガネフレーム ディオプテーゼとパーミエイト

     

     オリジナルフレーム ディオプテーゼとパーミエイトは度付きの

     偏光レンズ用のフレームとして開発されました。偏光レンズは

     大変に精密なレンズで外部からのレンズへの力(レンズには

     歪として現れます。)に大きく影響を受けます。

     偏光レンズの本来の機能を発揮させるためには

     非常に繊細な加工を必要とします。つまり、レンズ加工におけるサイズ、

     フレームカーブとレンズカーブとのマッチなど、手作業で少しずつの

     微妙な調整加工をして完成させるのですが、カーブの深い偏光レンズに

     対して近年のデザイン化されたフレームはカーブが浅く、レンズが

     おさまりにくいものが多いのです。そこでオリジナルフレームの

     ディオプテーゼとパーミエイトの登場となります。

     各フレームのレンズの留まるリムは6カーブで作られています。

     大きめでスクウェアな感じのディオプテーゼと小さめで丸みのある

     パーミエイト。どちらのフレームも質実剛健。

     テンプル(腕)はがっちりと幅広で、ブリッジも同じく幅広の変形のしにくい

     頑丈な仕上がりです。

パーミエイトとディオプテーゼ
ディオプテーゼを上から見たところ

  上がパーミエイト下がディオプテーゼ
  大きさと形の違いがわかります。
 
  
 俯瞰のディオプテーゼ 6カーブがわかります。
ディオプテーゼのカラーバリエーション」

  ディオプテーゼのカラーは3色。
  上からブラッシュブラック ブラッシュ
  シルバー 一番下がつやありライト
  ブラウンです。

    DIOPUTASE(ディオプテーゼ)

        PERMEATE (パーミエイト)
パーミエイト(上から見たところ)
パーミエイト(横から)
パーミエイト(正面)
パーミエイトのカラーバリエーション

   パーミエイトを正面、横、真上から

   見たところです。

   フレームのカーブの感じがわかって

   いただけると思います。

   パーミエイトのカラーも三色です。

   上からブラッシュグレー、真ん中の

   つやありライトブラウン。そして下の

   ブラッシュブラックとなります。

     メガネのオガワ トップページへ       偏光レンズのページへ

     偏光サングラス研究会 HPへ