遠近両用メガネについて

人間は年とともに、ピント合わせの力(調節力)が落ちてきます。

子供の頃は遠くの方から近くまではっきりと見る事ができます。

ところが40歳をすぎますと調節力が不足して近くが見にくくなります。

調節力を補うために、近くを見るときに使うメガネが老眼鏡です。

老眼鏡を使うことで近くはよく見えるようになりますが、メ

ガネを通したままでは遠くがぼやけてしまいます。

宮崎県の東国原(そのまんま東)知事がメガネ(老眼鏡)を

極端にずり下げて(鼻メガネ)にして使っていますが、

メガネのない部分で遠くを、下のメガネ(老眼鏡)部分で近くを見ることで

遠近の両方を見ています。

(しかし、メガネを下げて上目使いで相手を見るのはあまり感心しません)

これを一枚のレンズで済ませたのがバイフォーカル(二重焦点)レンズです。

用途や目的で、一つで近くも遠くも見えるメガネが必要になることは、

必然的なことでした。

先の例で述べた、知事さんや議員さん先生などのように、

手元の書類や資料・教科書・本などを見、すぐに離れた相手の顔も見て

という遠近を繰り返し見る場合には、

いちいちメガネをはめたりはずしたりでは、埒が明きません。

スーパーのレジや商店、様々な生活の場でのニーズがありました。(必要は発明の母)

遠くを見るメガネの下の部分に、老眼鏡のメガネレンズを貼り付けることで、

上半分で遠くを下半分で近くを見るレンズが考えられました。

それがバイフォーカル(二重焦点)レンズです。

バイフォーカルレンズの出現でとりあえずは遠くと近くを見るという目的は果たせました。

しかし、限りないものは欲望で、見た目がどうにかならないか?

(近用部の窓で老眼とわかる)中間がみにくい。境目での切り替わりが違和感がある。

などもっと具合の良いレンズができないものか。と考えられたのが

境目のない遠近両用レンズでした。

フランスのベルナール・メトナーズ博士の研究をもとに開発された遠近両用レンズは

境目がなく、一見して普通のレンズです。レンズの上から遠用、中間用、近用と

度数が変化して作られており、使っているところはとてもスマートです。

現在ではコンピューターによるレンズ設計技術により

黎明期の遠近両用レンズとは比べようもないくらい、良い設計の遠近両用レンズが

販売されています。また、必要とする用途によって中近両用、近々両用といった

バラエティーに富んだレンズを使って、便利なメガネを作る事もできます。


もちろん、どんなにレンズが良くなったとしても

若い頃の自分の眼のようには行きませんが、

レンズの仕組みを理解していただき、正しい使用方法でメガネをお掛けいただけば

日常生活においてほとんど不自由なくすごす事ができます。


メガネを作るのと同じで(というより遠近両用メガネではそれ以上に)お客様との

相互理解がとても大切になります。

利用目的や利用する場所、メガネで見る上で何が重要か見たい距離

(普段どの距離を見ることが多いのか、どの距離を見る必要があるのか、その位置は)

普段の姿勢、趣味、近用部をどのようにお使いになるか、など詳しくお話をお聞きして

お客様一人一人にマッチした遠近両用メガネをお作りします。

是非、快適なメガネを手に入れていただきたいと思います。

遠近両用レンズのしくみ
 ■ 標準的な遠近両用レンズ ■

遠く用の度数ポイントから近く用の

度数ポイントまでが、約14ミリの

遠近両用レンズは比較的ゆったりと

度数が変化していくので、初めての

かたや、神経質なかたにむいています。

少しあごを出してレンズの下端を通して

近くを見ていただきます。

 ■ 小さめ枠用の遠近両用レンズ ■

遠く用の度数ポイントから近く用の

度数ポイントまでが、約11ミリの

遠近両用レンズはちょっと下を向く

だけで近くが良く見えるきびきびした

レンズです。あごを上げてみる遠近

特有の視線の使い方をしなくても、

近くのものがよく見えます。

 ■ 中近両用レンズ ■

遠近両用レンズの中間と近方の部分

を拡大したレンズ。遠く用はレンズの

上端に少し残っているだけなので

外で使うのは厳しいけれど、室内で

近くを見るにはとても楽なレンズです。

机の上のパソコン(50センチ)と本

(30センチ)をみる為の近々レンズ

もあります。

この度全国のまじめな研究熱心なメガネ店の有志が結集して、

「遠近両用メガネ研究会」を発足いたしました。

当店も参加させていただきました。

こちらをご覧ください。

遠近両用メガネ研究会

メガネのオガワ トップページへ