跳ね上げメガネ
メガネのオガワ HOMEへ

跳ね上げメガネは随分昔からあります。サーモントという眉のところに

黒いプラスティックの付いている、いかにもがんこな職人風のものでした。

近年メタルのスマートな跳ね上げメガネが各社から発売されています。

このページでは跳ね上げメガネの種類やとっても便利な

使用法、跳ね上げメガネの特徴などをご紹介したいと思います。

◎ 跳ね上げメガネの種類について

跳ね上げメガネには機構的に単式と複式があります。

単式:跳ね上げる部分にレンズがはまり、後ろ側のフレームにはレンズは無く

   顔に掛けて支えるだけ。(レンズは1組)

複式:跳ね上げる部分にもレンズがはまり後ろ側のフレームにも

   レンズをはめることが出来るようになっているフレーム。(レンズは2組)

百聞は一見にしかず。写真で見ていただけばわかります。

複式跳ね上げメガネと180度フリップアップタイプの跳ね上げメガネはこちらをご覧下さい。
これが単式跳ね上げメガネです。

前側の跳ね上げ部分に1組、レンズが入るだけですから
あまり重くならず、装用感がよいのが特徴です。
(メカニカルな機構部分がつきますので一般フレームよりは
 少し重たくなります。)

利用方法としてはたとえば

1、近視で近くが見にくい(老眼の)かた。
  跳ね上げ部に遠くを見るための凹レンズをいれ
  近くを見る時には跳ね上げてレンズ無しの状態で見る。

2、正視など遠くを見るのには何も無しでよく、近くを見るのに
  老眼の度数がいるかた。
  近く用の度数を跳ね上げ部分にいれ
  遠くを見る時には跳ね上げて遠くを見る。
 

以上のような使い方をする事が出来ます。どちらの場合も遠くと近くが全視界で明瞭に見る事が

できますので、遠近両用(累進)レンズに慣れにくいかたや、視野が狭くて見難く感じるかたには

お試しになってみる価値はあると思います。


こちらが複式跳ね上げメガネです。

単式と違い前側の跳ね上げ部分に1組、後ろ側のメガネフレーム
(ベース)部分に1組の計2組(レンズ4枚)が装着できます。
(フレームがダブルでレンズも2組ですので重くなります。)

利用方法としてはたとえば

1、強度の近視で裸眼だと近くを見る時に極端に眼を近づけ
  なくては行けないかたには。
   ベース部分に近く用の度数を装着し、
   前の跳ね上げ部分に、遠くを見るのに必要なだけの
   度数を入れる。跳ね上げて近くを見、おろして遠くを見る。

2、遠視で遠くも近くも見にくいかた。
   ベース部分に遠くを見るための遠視度数を入れ
   跳ね上げ部分に近くを見るための老眼度数を入れる。

3、度つきサングラスとして
   ベース部分に近視・遠視・乱視等の度数を入れ、
   跳ね上げ部分にカラーレンズや偏光レンズを入れる。
   トンネルや家の中では前枠をパッと跳ね上げる。

入れるレンズを累進レンズにしたりバイフォーカルにすることでバリエーションが広がります。

近視で遠近両用には慣れている場合なら、単式の跳ね上げ部分に遠近両用レンズをいれ

近くのより細かいものを見る時には跳ね上げてみる。

複式のベース部分に室内用の累進レンズを入れ、跳ね上げ部分に弱度の(遠くが見えるように)

近視度数を入れる。跳ね上げ部分をおろして、遠中メガネ。跳ね上げて中近レンズ。

などという使い方もできます。

どんな用途が必要かによって様々なパターンが考えられます。

実際にどんな状況でお使いになるかで、組み合わせるレンズが変わってきます。

おつくりになる前に良くご相談いただくことが、使いよい跳ね上げメガネを

つくるポイントとなります。

   様々な跳ね上げメガネをご紹介する 跳ね上げメガネカタログのページはこちら

エンジョイタイプ 跳ね上げメガネ

NO.1
上の2つの写真は同じ複式の跳ね上げメガネですが、
上左を見ていただくとわかるように跳ね上げ部分が
外れるようになっています。そして上右の写真のように
ベース部分がリムロン(ナイロール)になっていますので
ベースにレンズをいれないで、ナイロン糸をはずして
しまえば単式跳ね上げメガネとして利用できます。
また、左写真は跳ね上げ部分のリムと(たる型のネジ留め
部分があります)ベースのリムロン部分(ちょっと白っぽく
なっています)ですが、少しレンズの形を変えて跳ね上げ
をしやすいように工夫してあります。
また、回転部分にバネをあしらってありますので、
跳ね上げがとてもスムーズになっています。

NO.2
NO.2もNO.1とおなじメーカーで跳ね上げ部分が取り外せるタイプです。

べースの部分は単式ですが、跳ね上げ部分がナイロール留めになっています。

写真のようにレンズを半分にしてバイフォーカルのようにしてはめることも出来ます。

また、下の3つの写真を見ていただくとわかるように跳ね上げの角度が3段階になっています。

これによって跳ね上げた時のメガネの重心が上に上げるにつれ後ろに行きますので

ずり落ちにくくなるのです。

  左の写真が一般的な跳ね上げメガネの跳ね上げ

  角度です。下左そして下右の写真の状態にまで

  跳ね上げ角度があがっていきます。


NO.3
NO.3は跳ね上げ部分にサングラス(濃いカラーレンズ)が入っています。

後ろ側に遠用度数を入れ、度つきサングラスとして使えば、

トンネルに入った時、前側(サングラス部分)を跳ね上げれば、暗くならずに安心です。

また、近視のかたで老眼がある場合には、跳ね上げ部分に凹レンズの偏光レンズを入れて、

魚釣り等に使うと便利です。仕掛けなおしや餌付けをする時に跳ね上げ部分をパッと上げれば

近くが見やすくなり、手返しが早くなります。

フレームカラーはブルーです。跳ね上げ部分はメタリックグレーです。


NO.4
NO.4は女性が使えるオーバルタイプ カラーはピンクです。
    柔らかいフレームカーブの単式跳ね上げメガネです。


近視で老眼の方用 新発想 
とっても便利なメガネ

ベストハーフ ベターハーフ  

  跳ね上げメガネは遠近両用(累進)レンズや2重焦点レンズに慣れることの

  出来ないかたには大変有効に使えるメガネです。

  (広い視野と歪のない視界が遠くでも近くでも得られる!)

  遠近両用メガネも使っているけれども、

  跳ね上げメガネを趣味やお仕事にご利用いただいて

  「これでなくては」と愛好してくださるかたもいらっしゃいます。

  皆さんも用途に応じて跳ね上げメガネを利用してみて下さい。

メガネのオガワ トップページへ  跳ね上げメガネカタログのページへ  跳ね上げメガネ研究会公式HPへ