上の写真のような鼻あての無いメガネを「一山メガネ」と呼びます。

最初のころのメガネには、今のメガネのような鼻あてパッドが

ついておりませんでした。ほとんどが一山メガネだったわけです。

見た目がとてもスッキリしていて、パッドの跡がつかない。

変形が少ないと言うような良い点があります。

ただ、鼻周りのフィッティングができないというマイナス面も

ありますので、フレームを実際に掛けてみて、フィット感のよいもの

掛けやすいものを選んでいただく必要があります。

当店が加盟している一山メガネ研究会では日本人の顔に合いやすい

一山メガネをオリジナルで作っております。

是非参考にしてみてください。 

       一山メガネ研究会公式ホームページ←クリック

また、一山メガネは鼻梁でブリッジを支えてメガネを保持しています。

鼻梁でのあたりを和らげるためにブリッジキャップを

用意しております。(つけられ無いものもありますのでご相談下さい。)