レンズの傷は「ああ、あの時につけてしまったのか」

と思い当たる事もありますが、

知らない間につけてしまったものがほとんどです。

そして、メガネレンズに付く傷は様々な原因によるものです。

その一つ一つについて理解しておく事で

メガネレンズの傷を少なくする事ができるのではないでしょうか。

何かでこすれてしまった表面の引っかき傷(スクラッチ)

ぶつけたり落としてしまってレンズにできるへこんだ瑕

ふちなしメガネを落としたりするとできる欠け

熱でプラスティックのレンズの表面にできる無数のひび(クラック)

様々のキズがもとでレンズの表面コートが剥がれ落ちるコートはげ

水をつけたまま乾かす事でレンズ表面にシミができる水ヤケ

水以外の整髪料・カビ取り薬品・草木の消毒液

酸性・アルカリ性の洗剤などいろいろなものでシミになりますので

お気をつけいただきたいものです。

こんなに大事に使っていたのに、なんで、どうしてというやり場の無い気持ち。

そういう事がおきないために、あらかじめ対処法を頭に入れておきましょう。

から拭きによる縦・横方向の細かいキズです。右側が顕微鏡での拡大写真ですが、
空気中のチリや砂利埃などと一緒にから拭きする事で付いてしまいます。
加熱によるレンズコートのクラック(ひび割れ)です。レンズの広範囲にできています。
次段階としてコートハゲが起きる事が多いです。
レンズのコートはがれの様子です。細かいキズの周りのコート部分まで取れてきています。
こうなるとハッキリ目でわかります。


 メガネレンズは表面・裏面の精密なカーブ設計によって作成されております。

よく、傷ができた時に「磨いてください」とおっしゃる方がいらっしゃいますが、

レンズはキズを取るために磨く事はできません。

精密なカーブが磨く事で歪になってしまい、余計に見にくく、目だってしまいます。

また、同様に、はげてしまったコートもコーティングだけしなおす事はできません。

是非、キズをつけないようなお取扱いをお願い致します。

メガネレンズの正しいクリーニングのページへ

メガネのオガワHP トップページ へ

   

     ◎メガネのプラスティックレンズは柔らかいものだと頭に入れておきましょう。

      レンズがきれいに見えていても、硬くて細かい粒子(空気中の鉄粉や石英砂

      の粒子など)が付いています。そんな状態のレンズを乾拭き(からぶき)して

      しまいますと、目に見えないキズが付いてしまいます。そこから、水分や

      アルカリ性の水溶液(石鹸分・シャンプー・ボディーシャンプーなど)が

      染み込み、キズの周りのコートを侵し目に見えるようになります。

      そうなってから、気が付くのですが、すでに後の祭り。

     「何もしていないのにキズになってしまった。」ということになります。

      レンズを拭く前には、面倒でも、必ず水ですすいで、目に見えない汚れや

      粒子を落とし、水分を押し拭きして取り除いてから、専用クリーナーや

      メガネ拭きで軽く拭いてください。

      最近のメガネ拭きは性能が良いので、力をこめて拭かないで下さい。

      かえってレンズにキズがつきます。サンドイッチをつまむくらいの

      力で拭いて下さい。

     ◎熱に弱いです。

      プラスティックレンズはベースになるプラスティックの部分(有機材)に

      反射防止コートや水や汚れをつきにくくする撥水コート、防傷コートを

      (これらは無機材)数重に貼り付けてできています。

      熱が加わりますとプラスティック部分とコート部分でそれぞれ熱膨張率が

      異なりますので伸び代に差ができてひび割れが生じてしまいます。

      プラスティックのベース部分は50~60℃で膨張し始めますので

      ドライヤーの熱を直接当てたりサウナ風呂での仕様はレンズに大きな

      ダメージを当てることになります。夏場の炎天下に置いた車に入るときは

      ドアや窓を開けて空気を入れ替えて、室温を下げて下さい。もちろん

      メガネを車に入れておかないで下さい。

      耐熱コートのレンズでも80~90℃で傷みが出ることがあります。

     ◎表面コートは繊細ではがれる事があります。

      レンズ面の拭きキズや熱によるひび割れ(クラック)などから水分や

      アルカリ性水溶液が染み込んで、レンズベースとコートの密着性を

      弱めてしまいますと、コートが剥離して大きく目立つようになってしまいます。

      石鹸、シャンプー、ボディーシャンプー、化粧品、汗、ヘヤースプレイなどで

      剥がれをすすめる事がありますので気をつけて下さい。

      時々「汚れがうまく取れないのだが」とメガネをクリーニングにお越しに

      なるかたのメガネを拝見しますと、汚れが付いているのではなく

      コートが剥がれてしまっているものがあります。これはいくら拭いても

      取れるものではありません。こうなるとメガネのレンズを交換するしか

      直す方法がありませんので、お気をつけていただきたいと思います。

      メガネの正しいお手入れはこちらへ

      ★参考までに、下にレンズのキズの写真を載せておきます。★