丸メガネの品揃え  メガネのオガワ          
オリジナルフレーム KAICHIのページへ オリジナルフレーム GENJI 
オリジナルフレーム Akademeia のページへ
当店の丸メガネ品揃えの一部です。
 No.1

  丸メガネ研究会 オリジナルフレーム

  ThinKing 39□24 ↑36 

  PD(瞳孔間距離)が狭めの人に。

 No.2

  丸メガネ研究会 オリジナルフレーム

  ThinKing 39□28 ↑36 

  カラー4色。 薄さの王様

 No.3

  丸メガネ研究会 オリジナルフレーム

  ThinKing 39□32 ↑36

  PDが広めの人に。

 No.4

  43□21 ↑39

  転写七宝 (セル巻き風) セル手

  トラディショナルな一品です。

 No.5

  43□20 ↑41 セルフレーム

  黒と黄白の2色

  メガネの存在感が違います!

 No.6

  42□24 ↑39

  サンプラチナ製 セル手 重厚な感じ

  アンティックブラウンなど3色

 No.7

  42□21 ↑40 

  アンティックブラウンが渋さを増す一品

  アンティックシルバー もいい感じです。

 No.8

  43□22 ↑38

  軽さは随一。ナイロールで洗練された

  スマートな感じです。

 No.9

  39□24 ↑36

  サンプラチナ製 お顔の小さめなかたに

  レンズは薄く軽くなります。

 No.10

  38□28 ↑34

  セルの部分をとりはずすと 32□24 ↑36

  おちついたグレーササ斑

No.1から3までが丸メガネ研究会のオリジナルフレーム ThinKing です。

この丸メガネはお客様によって異なる瞳孔距離や顔幅に柔軟に対応できるように

考えて作られています。

丸メガネだけではありませんが、メガネは実際にはめて見ないとわかりません。

丸メガネに興味をお持ちいただけましたら、ぜひご来店いただき、はめてみることを

お勧めいたします。

horns fitters ThinKing

チタンで軽く、フィット感が良い

丸メガネの王様です!

ThinKing のネーミング

ThinKingの玉型の横幅サイズは、たったの39mmしかないのですが、
それでも縦幅があるので、さほど小さくは見えません。
そして、39mmという幅により、たいていのメガネでもっとも厚くなる
耳側の厚みが最小限度の厚みですみます。
本格派ウスカル枠の、ウスカリズムよりも、左右の厚みはまだ薄くなります。
強度近視のかたでも、ウズの目立ちかたが少ないので、たいへん好適です。
薄さ(thin)の王様(king)、それが ThinKing です。

また、ThinKing には、昔の学者や作家などの「考える人」のイメージから、

thinking の意味も込めています。


シンキング パンテオン に続く 丸メガネ研究会 オリジナルフレーム 第3弾

   GENJI (源氏)

GENJIは初の真円の丸メガネです。
真円の丸は目の錯覚によって少し縦長の丸に見えます。
丸メガネを愛好するかたの中で、この真円にこだわりをお持ちのかたが
いらっしゃいます。丸メガネ自体がクラッシックな感じですが、
それに輪をかけてクラッシックな感じがします。

レンズサイズは42ミリ 鼻巾が23ミリと27ミリの2サイズとなります。
テンプルにくびれをつけ、ブリッジにも立体感をつけました。 


  GENJIのカラーは チタンシルバー ブラック アンティークブラス 

  アンティークアイアン アンティークカッパー の5色。

  ブリッジとテンプルの付け出しの位置が丸の真ん中近くにしてあり、より伝統的な

  本物の丸メガネという感じが強くなっています。

  このほかにも設計者(岡本隆博氏)の細部にわたるこだわりがつまっております。

  もっと詳しく知りたいかたはこちらをご覧下さい。

                http://optomo.biz/original-3.html

HOMEへ      ページトップへ     丸メガネへ