度数つきのメガネを持っているけれど、花粉症やドライアイがひどくて

    困っていらっしゃるかたに、これは便利で値段も手ごろ!

「目フード」     

    花粉症がひどくて2月から5月ぐらいまでいつも大変な

    思いをされているかたや、目が乾いて肩がこったり頭が痛くなるような、

    ひどいドライアイのかたのためのメガネ用パーツです。

    もちろん、ハウスダストや埃の多いところでの目の保護(保護メガネにはなりません。)

    白内障の術後の目の保護、紫外線からの保護など様々な用途に利用できます。

    自分用のメガネ(もちろん度数つき)を持っていて、何とか花粉や目の乾きに

    対処できないかという事で登場いたしました。

    ご自分で簡単に着脱できます。ただし、装着している間はメガネの腕(テンプル)は

    折りたためません。

    新たに専用メガネを作るのなら、「楽目くん」がよいのですが、

    目フードは今使っているメガネがそのまま使えます。すぐに使えます。

    サイズが大・中・小の3タイプ、色付きもあります。

    これからの季節、涙ぽろぽろもつらいものです。目フードをお試し下さい!

    (ドライアイにはフード横に水分を含んだ保水シートをつけて保湿をします)

    こんな使い方もありですね。

    ああ、「こういうのが欲しかったんだ」というメガネのパーツが今回紹介する

    目フードです。私事ですが近視が強いため遠近両用メガネをはめています。

    夏場に魚釣りをする時、せっかく前方向を優秀な偏光レンズでカバーしても

    横方向から光が入るといまいち効果が落ちてしまうような気がします。

    とても残念なのです。そこで横からの光を上手く防ぐものがないかなあ。

    と思っていると、ありましたありました。この目フードです。

    色付きもありますが黒く塗りつぶしてしまえば、横からの入射光が防げ

    釣果もぐっとアップ…。そう上手くいってくれれば苦労はしませんね。

    でも、水面を見やすくなるのは間違いないかと思います。

    (実際に使ったらまたご報告いたしますね。)


  実際に目フードをつけたメガネをかけて見ました。

  アイカップも上手く顔に沿っています。


  目フードをメガネにつけた様子。

  意外と簡単に取り外しが出来ます。

  まあ外見はこんなものです。

            ↓→


   横から見た目フード

   カラー付きもありますので

   眩しさよけにもできますが。

         ↓


   目フードの写真          一組 2,940円(税込み)
メガネのオガワ トップページへ