フレンチクラッシックなイメージの丸メガネ『Shilling』シリング

メガネを構成する各パーツにフランス風でクラシカルなパーツを

セレクトして作りました。鉄系の金属の質感が渋みと重みを漂わせています。

もちろん素材はチタンを用い、軽くて はめやすく なっております.

シリングのサイズは41□27のワンサイズです。

瞳孔距離が64~68ミリの人向けとなります。

日本人男性に最も多い瞳孔距離をカバーしており、

やや大きめな顔にも対応ができる大きさです。

レンズサイズは41ミリで、パンテオン・ゲンジの42ミリ、

ナゴン・アソンの40ミリの中間で、微妙なサイズの違いを感じるかたに

対応する、絶妙な大きさとなっています。

レンズの天地幅(縦幅)は39ミリで、「まん丸に見える楕円形」です。

真円の丸メガネをご希望のかたには、加工時に変更することもできます。

その場合はサイズが40×40となります。

カラー1. チタンシルバーマット

生成りのチタン素材の色です。ベーシックな

グレー系のシルバーです。素材そのものの色ですので

たとえ擦れても色が変わりません。

光沢を抑えた梨地仕上げ

滑らかで柔らかな質感です。 

カラー2. ナチュラルブラック

ナゴンの艶消しブラックでもなく、アソンのつやあり

でもない、ナチュラルな質感の黒です。

こだわりの丸メガネをはめようとする、あなたなら

この微妙な色の違いを見極められる

に違いありません。

メガネのオガワ トップページへ         丸メガネのページへ

シリングのネーミングの由来

シリングとは、16世紀半ばのイングランド国王

「エドワード6世」の時代に登場した通貨の単位です。

イギリスやオーストリアでつかわれていましたが、

現行通貨として今でもいくつかの国で使われています。

丸いシリングコインのイメージを表現しました。



カラー3. ビンテージゴールド

このカラーはガンメタを塗装し、その上に

ゴールドカラーを塗装します。そのため

へこんだ部分はガンメタ、出っ張っているところが

渋めのゴールドに彩色されています。

2色のカラーの取り合わせが絶妙。

カラー4.ビンテージシルバー

鋼鉄の色に近いクラシカルなカラーです。

横方向のブラッシングがフレームの存在感を

高め、高級感を醸し出します。


チタンシルバーマット

ナチュラルブラック

ビンテージゴールド

ビンテージシルバー