超うれしいメガネについて

 当店は超うれしいメガネ研究会会員店です。

 超うれしいメガネ研究会会員店では

  1. かけているメガネで、ものが良く見えてうれしい。

  2. かけているメガネが、周りの人から感じよく見えてうれしい。

  3. 掛心地が、ソフトで軽くてしかもしっかり掛かっていてうれしい。

 この三拍子揃ったメガネのご提供を祈願として、検眼技術の向上、メガネ作成技術の向上

 フィッティング技術の向上のために日々研鑽・練磨しております。


詳しくは 超うれしいメガネ研究会公式HP をご覧下さい。

 上記の三拍子揃った超うれしいメガネを作るには次の3つポイントの実現が必須となります。

   A 適切な眼鏡処方

   B レンズのひずみや厚み感の軽減

   C 適切なフィッティング

 そこでこの3つのポイントを満たすには具体的には以下の事ができる眼鏡技術者でないと

 実現ができません。それでは検眼・加工・フィッティングの順にご説明いたします。


  1. 検眼において

   ◎常に両眼開放屈折検査をすること。

    一次矯正→両眼調節バランステスト→両眼調節緩解テスト

    という流れで、屈折度数を出してゆきます。

    私達が両眼開放屈折検査にこだわるのは人の生活においては両眼を開けた

    最も自然な状態での屈折測定だからです。

   ◎常に斜位の検査を行うこと。

    斜位のかたはものを見るときに余分な力を使ってみています。

    斜位の状態を考慮に入れていないメガネでは眼の疲れを生じる事があります。

    私達は斜位の検査をする事で余分な力をなるべく使わないですむような

    うれしいメガネの製作を試みています。

  
  2. 加工において

   ◎レンズの枠入れにおいて必ずひずみ計でチェックすること。

   ◎よほど薄いレンズ以外にはアンダーすっきり加工をすること。

   ◎レンズのエッジが鋭角な場合には丸面取りをすること。

   加工においては眼鏡技術者として長年培ってきた、様々な技術や創意工夫や知恵を駆使し

   メガネをお作りしております。ですから時間もそこそこ掛かりますのでご了承下さい。

   たとえば ひずみなどは手摺りでほんの少しずつ削っては確認、削っては確認の

   くり返しでひずみを少なくしてゆきます。ひずみのない超うれしいメガネをつくるには

   「30分で出来上がり」などという事はとても無理だとおもいます。


  3. フィッティングにおいて

   ◎FNPフィッティングをすること。

    FNPとは日本眼鏡技術研究会代表の岡本隆博さんが作った略語で

    Face None Press (フェイス ノン プレス)の略です。

    つまり、耳よりも前のこめかみやモミアゲの部分をメガネのテンプル(つる・腕)で

    圧迫することのないフィッティングの状態です。

   ◎耳のうしろの状態をしっかり把握し、その形状に合わせたフィッティングをすること。

    耳のうしろの形状は人によって違いますが、8割くらいのかたがへこみがあります。

    メガネのつるの先のプラスティックの部分を耳のうしろのへこみにあわせて

    緩やかなそらしをつけることで、メガネが自然な感じでお顔におさまります。

   このほかにも3力6光といって3つの力学的そして6つの光学的な視点から

   かけ心地のうれしいメガネをお作りするよう心がけております。


   4.品揃えにおいて

   ◎強度近視でもレンズが薄くできる、ウスカル枠を充分に在庫していること。

    強度近視や強度遠視・強度の老眼など、従来だったら厚く・重く

    なってしまっていたメガネが、ウスカル枠によって薄く・軽く見栄えの良い

    超うれしい状態でお渡しできます。

   ◎大小色々なサイズのメガネを豊富に品揃えしていること。

    大きいメガネやウスカル枠。子供用メガネなど    

    見映えや装用感という点からもお顔の大きさとバランスの取れたメガネを

    ご提供できる品揃えが必要と考えます。

メガネのオガワ HPトップへ