穴空きウスカルフレームの
  ヤゲン処理について 

メダやプラグナーのような穴空きタイプのウスカルフレームは
窓の開いている部分のヤゲン(レンズの末端処理)がじかに見え
その部分の処理をどのようにするか考慮するところです。
山形に削ったヤゲンをそのままにするのも良いような気がしますし
平らに削ってしまうのも。スッキリしてよいかもしれません。
こちらのほうが絶対的に薄く見えるということでしたら
選択の余地はないのですが、見え方はどうも微妙で
決めかねると言うのが本当のところです。
いくつかのヤゲン処理をレンズで作ってみましたので
ご紹介したいと思います。実際に見本を見ていただいて
決めていただけば良いと思います。
cf.ガラスレンズの場合は艶出しはいたしませんのでご了承下さい。
 

山形のヤゲン加工のままフレームに装着
 






正面からはヤゲンの山が少しわかります。
斜めからはヤゲンの前面が主に見えます。薄く見える?
横からはヤゲンの前面・後面が見えごちゃっとした印象か?


ヤゲンのまま(前面の部分を艶出し加工)
 






正面・斜めとも上の写真をとった方向から見れば
目立たないですが、反対がわかり見ると
ある角度のところで磨いたヤゲン面が鏡のようにひかり
やや目立ちます。
 
ヤゲンを平に削ってみました。







正面はスッキリします。斜めからはやや厚い感じがするような。
ヤゲンで2分されていると目の錯覚で薄く見えるのかも。
平でも少し斜めにすると少しは良いかも知れません。

 
ヤゲンを平に(艶を出してみました。)







この場合も反対側から見ると削った面の反射が
やや気になります。これは艶を出しても出さなくても
大きな差はないように感じました。


       ヤゲンのままでしたら後で平に加工することは大丈夫ですが、
       平らに削ってしまうと、ヤゲンの状態に戻すことは無理がありますので
       良く、考えて決めてください。上の写真のレンズ見本がありますので
       ご覧いただき、決めていただけば良いと思います。


       メガネのオガワ トップページへ