近視で老眼のかたに
跳ね上げメガネの新発想

ベストハーフベターハーフ


  一般的に40~50歳になって近くのものが
  見にくくなると老眼鏡をはめて近くを見ます。
  はめたりはずしたりが大変だったり仕事上不便
  な時には遠近両用メガネを使うことになります。
  また、近くの見え方にこだわりのあるかた、
  細かい作業で近くをしっかりご覧になりたいかたで
  メガネのはめはずしを効率よくしたいかたには
  跳ね上げメガネという便利なものがあります。

  ここでご紹介するベスト&ベターハーフは
  近視で老眼のかたにとってより一層便利な
  見かたのできる遠近用のメガネです。
左上側がベストハーフ

  右下側がベターハーフ です。


ベストハーフ
  


  右側の写真はベストハーフでの見方です。
  遠方はそのまま正面でご覧いただきます。
  レンズは普通の近視のレンズですから、
  違和感もなくスッキリした見え方です。
<写真1>

  近くを見るときは目線を下げていただき
  レンズの下にある空間を通して、裸眼の状態で
  ハッキリご覧いただけます
<写真2・4>

  そして、ベストハーフは跳ね上げメガネでも
  ありますので、レンズを跳ね上げることで
  お手もとの視界をもっと広く見ることが
  できるわけです。
<写真3・5>

  また、入れるレンズを遠近両用にしたり、
  跳ね上げの角度をちょっとにして
  お手元の視界と遠方の視界のバランスを
  変えたりしてお使いいただくことも
  可能です。

  レンズの下の空き具合も調節が可能ですので
  使用目的や使いやすさを考慮し相談しながら
  レンズの幅を決めていきましょう。
  (ベストハーフはハーフオーダーメイドです。)

写真1
写真2 写真3
写真4 写真5

ベターハーフ
  
  ベターハーフは普通のハーフリムの
  フレームのようですが、普通のものより
  レンズの上下幅がずっと小さくなっています。

  遠くを見るときには普通に
  正面を見ていただきます。
<写真6>

  お手元をご覧になるときは
  レンズの下の部分から 
<写真7・8>
  裸眼でハッキリと見ることができます。

  レンズ下の空きはベストハーフと同じように
  加減ができます。

  ベターハーフのほうがフレームの種類が多く
  多くのフレームから選ぶ事ができます。
    
写真7
写真6
写真8

メガネのオガワ TOPページへ
跳ね上げメガネ研究会 へ